Propelling

PropellingVision 2026

推進性能の最適化をめざして

Propellingは、船の推進性能に光をあてたナカシマプロペラの新しいブランドコンセプトです。「プロペラにできること」を追求し続けてきたナカシマは、2026年に創業100周年を迎えます。船舶の推進性能の中心を担うプロペラから船全体を見通すと、その最適な姿が見えてくる。そんな新しい視点で、ナカシマは20年を超える船の一生に寄り添うトータルな推進性能最適化サービスを提供し、環境負荷の低減にもつながる低燃費化の実現など、業界を越えて世界に貢献していきます。

Design

省エネ志向に合わせた最適統合設計

EEDI(エネルギー効率関連の条約)の施行以降、時代は超省エネ志向に突入しました。それを受け、限界小翼面積プロペラの開発に始まり、プロペラ前後に装着される省エネ付加物まで、最高の推進効率を達成する製品を提供しています。

Quality

最新の設備、職人技術の粋を極めた玉島工場

設計通りの形状にするための高精度な翼面加工機、作業の安全性を高めるプロペラ反転機、最高の生産効率をもとめたIoT設備を導入しています。ナカシマプロペラは最新の設備と職人の技術を融合させ、高精度で最適なプロペラを製造しお客様へご提供いたします。

Lifecycle propulsion
engineering

推進力を維持する万全のアフターケア

設計時の性能を維持するために、徹底したプロペラのメンテナンスや修理を行います。また、船の運航状況に合わせたプロペラの換装や省エネ付加物の推進性能を検証し、最適なソリューションをご提案いたします。

R&D

新世代のプロペラを求めて

炭素繊維という新しい素材を用いた、新世代のプロペラ開発に着手。2014年には炭素繊維製ブレードを有するプロペラの商船への搭載に世界で初めて試み、成功させました。ナカシマプロペラは、さらなる高い効率性と低振動を目的とした新世代のプロペラ開発を探求し続けます。

Philosophy

世界の船と、ともにある未来へ

1926年の創業以来、「売り手よし、買い手よし、世界よし」を指針にプロペラに「できること」を追求し続けてきたナカシマ。船のライフサイクルに寄り添いながら、人に、海に、世界の未来に向けて推進性能の最適化に挑み続けます。